2月 « 2012 « 治したかったら、足を揉め!

2012 年 2 月 のアーカイブ

寝ている間はしかたがないのか?

2012 年 2 月 10 日 金曜日

寝相と寝言は本人の意思で直すことができないものです。
私の友人でもものすごく寝相が悪く、起きて移動したんじゃないの?と疑うくらい布団からはみ出して寝る人がいます。
しかし当人は寝ているのでまったく自覚がないようです。
あんまり寝相が悪いので、気をつけたほうがいいよと忠告したのですが、いくら本人が気をつけたところで寝ている間に勝手に動いてしまうのですからどうしようもありませんね。
寝言や歯ぎしりが強烈な人もいます。
寝ながら怒鳴っているような大声で寝言をいう人もいますし、驚くほど大きな音で歯ぎしりをする人もいます。
大きな音を立てて寝ているような人は、本当に身体が休めているのだろうかと心配になります。
いびきの場合は枕を変えたりマウスピースなどで対策のやりようもありますが、寝言などは対策もないですよね。
寝言はストレスが原因という説もあります。
起きている間は抑えていても、寝ている時につい出てしまうのでしょうか?
もしそれでストレスを発散しているのなら、寝言を無理矢理止めさせるのもよくないですね。

コメントは受け付けていません。